お気に入りのカシミヤストールを長持ちさせるコツ

大切に扱いたいカシミヤストール

カシミヤ素材のアイテムは、上質な肌触りと光沢のある質感が魅力です。高級感があって、長く使い続けられるアイテムですが、大切に扱うことで、良い状態を長く保つことができます。今回は、カシミヤストールを長持ちさせるコツについて調べてみました

カシミヤ素材の特徴を知ろう

カシミヤ山羊から取られた絨毛繊維で、一本一本の繊維が非常に細いのが特徴です。ドライクリーニングで洗濯するのが勧められていますが、他の絨毛繊維の中でも比較的水に強いので、自宅で洗濯することも可能です。

カシミヤ素材は、独特のぬめりのある質感と、細い繊維が作り出す最高の暖かさが特徴です。この質感を損なわないように、お手入れをしてシーズンオフは虫がつかないように防虫剤のそばで保管しましょう。

日々のお手入れ方法

汚れや埃は毎日使うごとに取り除いてあげましょう。毛並みに沿ったブラッシングをして、水分のある汚れは早めに拭き取ることが大切です。

https://jp.pinterest.com/pin/507710557978814136/

シミはつけないのが第一ですが、汚れがすぐに拭き取ってそのあとにブラッシングをするだけでも汚れが残りにくくなります。どうしてもシミになってしまった部分は、洗剤で優しくふき取り、最後はブラッシングをするのがコツです。

シーズンオフになったら

https://jp.pinterest.com/pin/101119954112435494/

信頼できるクリーニング店でドライクリーニングに出せば、冬の間に吸った汗などが原因で、シーズンオフの間にカビが生えてしまったり匂いが付いてしまうという現象を防げます。

でも、できるだけ自宅で済ませたいという方でも、大切に長く使い続けたいカシミヤストールは、洗濯機では回さないようにしましょう。おしゃれ着にも使える優しい中性洗剤と、人肌温度のぬるま湯で押し洗いをしてあげましょう。ごしごしと洗うのは禁物です。

長期間収納時に気をつけたいこと

https://jp.pinterest.com/pin/450782243933978983/

カシミヤは水分を吸収しやすい素材なので、シーズンオフの時期に含んでいた水分が原因でカビが生えてしまうことがあります。収納前にしっかりと陰干しをしてあげるのが、カビを防ぐコツです。

自然素材は虫が来てしまうので、必ず防虫剤と一緒に収納しましょう。最近は、たたんだ衣類の上にふわりとかけるタイプの防虫剤もあるようですね。お気に入りのアイテムこそ、日々のケアとシーズンオフのケアを大切にして、長持ちさせてあげてくださいね。